skin care

マスク生活で陥る肌質の変化

11月から4月にかけて空気が乾燥する気候になることで、インフルエンザなどのウイルスだけでなく
花粉などの微粒子も舞いやすくなります。ウイルス感染や微粒子を防ぐために、
日本を含むアジア各国では衛生面の意識の高さからマスクを装着することで防ぐのです。


マスクをつけながら生活することを単にマスク生活と呼ぶのですが、衛生面を考慮しての
行動ではあるのですが、一つだけ問題となるのが肌質の変化になります。

マスク生活


マスク生活はどうしても生地と肌が密着してしまうため、動く際に擦れ合うのです。
さらに口や鼻の呼吸の中には水分が含まれているので、その水分で肌の確執が柔らかくなってしまい
擦れる際の衝撃がより強くなってしまいます。


肌の角質はバリアの役割を担っているので、少しでも荒れると肌の常在菌と
空気中の雑菌の影響で赤く荒れてしまうのです。最初の段階で抑えれば問題はないのですが、
学業や仕事の多忙で肌を守る行動をおろそかにすると余計に肌質が悪くなることで
血液が出るほどの荒れやアトピーなどの皮膚トラブルの原因になります。


その状態になる前に、やはり肌の状態がおかしいと感じた時にすぐに行動に移すことが
重度の肌トラブルを回避することにつながるのです。

 

肌トラブルの改善が見込めるipsコスメティックス


炎症を起こし始めた段階で、スキンケア方法を見直すことが重要です。
スキンケア方法としては、起床時に顔を洗う時にはぬるま湯で洗った後に
洗顔料で顔をきれいにした後に保湿剤を利用します。


そして学校や仕事先から帰宅したら、すぐにマスクを取り外したらすぐに
汗と化粧品を専用のスキンケアグッズで落とした後に軽く保湿剤を塗ります。


そしてバランスの良い食事と入浴後の保湿そして十分な睡眠をすることで、
肌トラブルを回避することができるのです。

肌質を守る習慣


ただこれはあくまで炎症が起き始めている段階であり、角質がめくれるほどの荒れるとともに
強いかゆみが出ているときには進行しています。その状態になったらもう一つ手段を講じる必要があり、
その手段となりうるのがipsコスメティックスです。


ipsコスメティックスは、ips細胞を加えたスキンケア化粧品になります。
ipsというのは人工的に培養した細胞であり、老化及びダメージを追って
正常に働かなくなった細胞の代わりに活動をしてくれるのです。


そのためある程度進行してしまった肌トラブルの際に、ipsコスメティックスを利用することで改善が見込めます。
ただしipsコスメティックスはアレルギーテストを合格していますが、実際に利用する際には
ipsコスメティックスを腕に塗って何も症状がないか確認してから使うことが望ましいです。